写真を読み込んでテクスチャを割り当てる領域を作成していきます。
まずは壁面ごとに領域を指定し、角度と倍率の基準ボックスを入力。
その後、窓をマスク処理で指定した後、影の領域を指定していきます。

 

 

領域の作成が終わればあとはテクスチャを割り当てます。

 

左図 変更前

右図 変更後

 

テクスチャの割り当ては。組み合わせを変えて何度でもシミュレーションすることができます。

テクスチャ変更例

 

一度領域を指定してしまえば、テクスチャを変えて何度でもシミュレーションできます。作成した画像はBMPやJPEG形式で出力することができ、他のプレゼンソフトに貼り付けて使用することもできます。

 

      テクスチャ例→→